四季を通して『くつろぎ日和』~伊東遊季亭の過ごし方一例~

Top > くつろぎ便り

くつろぎ便り

伊東遊季亭のイベント情報、新しい情報、周辺の情報、四季折々の様子をお伝えします。

【12月御献立】ご紹介

令和五年 十二月『ときめきの晩餐』&『こだわりの朝餉』の御献立をご紹介いたします。

※仕入れ状況により一部変更になる場合がございます。

★ご夕食『ときめきの晩餐(ばんさん)』

【食前酒】アセロラ酒

季節の食前酒を、まずは一口

【先 付】ちぢみ方蓮草胡麻浸し、手毬寿司

四季の小鉢と手毬寿司

【前 菜】蒸しあわび三重奏

贅沢にも活きたあわびをやわらかく蒸し上げ、青海苔、肝ぽん酢、ビシソワーズソースの3種類のソースで味わっていただきます

【椀 物】清汁仕立 丸白玉寄せ

【造 り】沖の品

旬の新鮮な魚介類を盛り合わせで

【進 肴】玉子豆腐 海の宝石箱

ふるっとした食感の海の宝石箱。これにイセエビ、あわび、うにが散りばめられた贅沢な一品

【焼 物】遊季亭風ステーキ 林檎ソース

【温 物】蓮蒸し

【止 肴】鴨鍋

【御食事】黒米御飯、赤出汁、香の物

【デザート】

 

★ご朝食『こだわりの朝餉(あさげ)』★

ご朝食は、特選の鯵の干物と烏賊のお造り、料理長特製のちりめん山椒、本場有明産の焼海苔、紀州の南高梅、10種類以上の野菜を使ったフレッシュサラダ、ふんわりやわらかい出汁巻き玉子等、夕食に負けないご満足をお客様にお届けしております。

伊東遊季亭

2023年度【伊東温泉花火大会】

2023年「伊東温泉夏期花火大会」スケジュール

夏の花火大会の日程が決定しました。
個性あふれる花火が咲き乱れる伊東の夏をお楽しみください。

ファーストステージ

・令和5年7月22日(土)  伊東温泉「夢花火」PART1  20:30~20:50

・令和5年7月29日(土)  伊東温泉「夢花火」PART2  20:30~20:50

・令和5年7月30日(日)  伊東温泉「夢花火」PART3  20:30~20:50

・令和5年7月31日(月)  伊東温泉「夢花火」PART4  20:30~20:50

・令和5年8月4日(金)    伊東温泉「夢花火」PART5  20:30~20:50

・令和5年8月6日(日)    宇佐美夏まつり花火大会  20:00~20:30

伊東の夏の風物詩「按針祭」の開催も決定しました。

按針

・令和5年8月8日(火)     按針祭・灯籠の流れ打ち上げ花火  20:50~21:00

・令和5年8月9日(水)     按針祭・太鼓の響き打ち上げ花火  20:50~21:00

・令和5年8月10日(木)   第77回按針祭海の花火大会  20:00~21:00
 伊東で最大のイベント「按針祭」の最後を飾る花火大会。5ケ所より1万発の花火が打ち上がります。

 

セカンドステージ

・令和5年8月12日(土) 伊東温泉「夢花火」PART6  20:30~20:50

・令和5年8月14日(月) やんもの里花火大会  20:00~20:30(中止)

令和5年8月18日(金) 川奈いるか浜花火大会  20:00~20:20(開催日変更)

・令和5年8月16日(水) 伊東温泉「夢花火」PART7  20:30~20:50

令和5年8月17日(木) 伊東温泉「夢花火」PART8  20:30~20:50

・令和5年8月19日(土) 伊東温泉「夢花火」PART9  20:30~20:50

・令和5年8月22日(火) 伊東温泉「夢花火」PART10  20:30~21:00
 伊東温泉で使用した箸を供養する箸まつりが開催。手筒花火&打ち上げ花火

・令和5年8月26日(土) 伊東温泉「夢花火」PART11  20:30~20:50

 

冬の花火大会

・令和5年12月23日(土) 庭園花火・打ち上げ花火  20:30~21:00
 冬のよさこいソーズラ祭りは18:00~21:00で開催
 華やかな花火と情熱的なダンス(よさこい)がコラボした冬の祝祭

【伊東温泉海の花火ビュースポット】

①いでゆ橋・・・当館から徒歩5分ほどの橋からは、ランドマークでもある伊東市文化財の東海館と花火、さらに松川に反射した花火の撮影ができる穴場のスポットです。いい場所を確保するには少し早めにスタンバイする必要があります。

②オレンジビーチ・・・当館から徒歩10分ほどの伊東オレンジビーチ、砂浜にビニールシートを敷いて横になりながら迫力のある花火を楽しむことができます。

③なぎさ公園・・・当館から徒歩10分ほどのなぎさ公園では、芝の上にビニールシートを敷いて迫力のある花火を至近距離で楽しむことができます。

伊東遊季亭

 

復活オープン! 温泉まんじゅう みその

温泉地のお菓子の定番、温泉まんじゅう。

(写真:昭和の時代の「みその」)

伊東温泉にも駅前に、半世紀以上もの間愛されたまんじゅう屋「まんじゅう みその」がありましたが、新型コロナの影響と創業者のご逝去により、昨年惜しまれつつ閉店となってしまいました。

「毎年、伊東温泉のお土産に買って帰っていたんだよ」「楽しみに来たのに無くなってしまったんだね」・・・地元の水産加工会社「伊豆中」がそんな惜しむ声を聞きつけて、伊東駅前の活性化にもつながると、復活オープンを決意してくださいました。

しかし難航した再開準備。伊豆中社員の方々が8か月以上もかけて味を再現。

11月15日のプレオープンには、たくさんのお祝いの花と、温泉まんじゅうを求めて来店した方の列が。

華々しい復活の日を迎える運びとなりました。

新店舗では人気の”あげまん”をはじめ、黒糖や抹茶を使用した”蒸しまん”も販売。

サクッとした歯ごたえにこだわったあげまん、ふっくらとした皮の甘みと餡が調和した蒸しまん、どちらも食指をそそられます。

餡は甘さを抑えたこしあんに、味を引き締めるために希少な戸田塩を使用しています。

他にも、ソフトクリームや抹茶ラテなど散策しながら楽しめるテイクアウト商品も充実。

 

ホカホカに蒸したての蒸しまんを、

こんな風に食べ歩き用にして手渡しもしてくれます。

駅前の店が賑わっているのと、閉店しているのとでは、街の盛況感が全く違うものですね。

古き良きものを継承して、街を活性化させていく。

名物菓子の再興を喜ぶと同時に、素晴らしい企業理念を感じました。

 

◆あげまん・・・1個151円(税込み)

◆蒸しまん・・・1個130円(税込み)

それぞれバラ売りの他、8ケ入り、4ケ入りもあります。

伊東駅前の名物温泉まんじゅう、是非ご賞味下さい。

フロント 江藤

「日本食品衛生協会長賞」受賞

先ごろ都内で厚生労働省主催の食品衛生厚労賞授賞式が行われ、伊東遊季亭は最高賞に次ぐ「日本食品衛生協会長賞」を受賞致しました。

数あまたある施設の中で全国では184施設、県内ではわずか6施設の受賞となります。伊東では6年ぶり、9施設目の受賞という、たいへん栄誉ある賞に授かる事が叶いました。

常に清潔な厨房で徹底的な衛生管理の下、食中毒予防に努め、新鮮な食材を必要な分だけ仕入れ、新鮮さを保つための最大限の注意を払って調理してまいりました。

有難い受賞に授かった事を感謝致し、「名誉ある賞を頂けて、若い従業員の励みになる。より一層まい進したい」との総料理長の池田和彦の言葉を一同共有して、更なる質の向上に精進してまいります。

伊東遊季亭

伊豆旅行の拠点に最適!「伊東駅」のご紹介

今回ご紹介させていただきますのは、電車でご来館される方の最寄り駅になります「伊東駅」でございます。

在来線はJR伊東線と伊豆急行線の2種類の路線が発着する駅になります。特急電車は東京~伊豆急下田間で運行している踊り子が乗り入れしています。今回は伊東駅の紹介と中でも伊東駅に発着する在来線の「黒船電車」と「サフィール踊り子」の紹介をさせていただきます。

まず、こちらが伊東駅の外観になります。

駅前ロータリーのバス停とタクシー乗り場です。繁忙期や夏季シーズンは多くの人で賑わっています。

駅構内のお土産屋さんとイートインコーナーです。

伊東駅に発着する電車を紹介いたします。

こちらが豪華特急電車「サフィール踊り子号」です。

東京~伊豆急下田を走る電車で2020年3月から運行しているスーパービュー踊り子の後継にあたる電車です。1日1往復のみ運行している電車です。駅で遭遇した方は是非、カメラのシャッターを!!!wwww

こちらが在来電車「黒船電車」です。

熱海~伊豆急下田を走る電車でリゾート21を黒船にちなんで黒色塗装を施した仕様となっています。電車内の座席は山側(対面2席)と海側(進行方向横向き)になっており、海側の座席は伊東に広がる相模灘を一望できるので是非ご乗車してみてはいかがでしょうか。

伊豆ならではの一部の電車のご紹介をさせていただきました。

伊東に来る際は是非、記念に電車のお写真などもいかがでしょうか。

フロント 土井



ページトップへ